大人ネイルがセルフでできちゃう方法

大人ネイルをセルフで!慣れれば可愛くネイル出来る

ネイルをいちいちネイリストにしてもらうのは、時間もかかりますし、何より費用が高い・・・という事で、忙しいキャリアウーマン等、セルフネイルを行っている方も少なくありません。

ネイルを自分できれいに塗る事が出来ないという人もいますが、実は方法、コツを覚えてしまうとかなり簡単にネイル出来るのです。

初心者でも楽々素敵ネイルが完成する方法を覚えて、リーズナブルにおしゃれなネイルを楽しみましょう。

塗る練習に利用するネイルはラメ入り

フレンチ、バイカラーなどのカッコいいネイルをセルフネイルしてみたいのはやまやまですが、まずは塗るという事に慣れることが肝心です。
塗りむらなどが目立ちにくいラメネイルは、かっこよくキラキラ輝く指先を演出してくれるので、オススメです。

グラデーションをやろうと思うとちょっとレベルが高くなるので、最初は全部ラメのネイルを塗る単色塗りからスタートします。
全部の指にラメ入りを利用すると派手になってしまうので、ラメは1本に施し、他の指のネイルは塗りやすいパール系のネイルを施しておくといいと思います。

基本的なラメの塗り方を覚えよう

ラメ入りマニキュアでもきれいに塗る事が可能な人もいますが、最初はラメパウダーを利用し均一にラメがいきわたるようにするとおしゃれにきれいに仕上がります。

トップコートを1本(透明なマニキュアでもよし)用意し、ラメ専用として利用するようにします。

爪の生えている部分から爪先に向かって素早くブラシを動かし塗ります。
ラメをより強調したいという場合には二度塗りし、最後にトップコートを塗るときれいに仕上がります。

パール系のネイルを全部の指に塗ってから、1本から2本程度、ラメを塗り足しても素敵な仕上がりになります。

オフィスならグラデーションでラメを優しく

オフィスでもラメでちょっと華やかさを演出したいという場合、ラメグラデーションの技術を持っていると便利です。
ベースコートを塗ってベースのカラーを塗りますが、この時、クリア系のネイルやパール系を塗ると初心者でも塗むらが目立ちにくいです。

きれいにベースを塗ったら爪の先端、1/3程度にラメネイルを5回くらい重ね塗りします。
ネイルによってラメ感が強く出るものもありますし、弱い物もあるので、爪先をよく確認しながらちょうどいい感じになるようにラメを重ね塗りします。

最後にトップコートを塗って終了です。
選択に行くほど、ラメのグラデーションが強くきれいに出ているので、女性らしいイメージになります。

薄いピンクのラメネイルを利用すると爪の血色がいいように見えて、指先がぽっと赤くなっているようで非常に女性らしさを強調できるネイルが完成します。