意外に見られてる?若白髪予防のポイント

若白髪の原因

鏡を見ると、ふと白髪があることに気づく女性の方もいるでしょう。
自分では気にしていなくても、他の人が見ると髪の中にある白髪は目立つものです。
若いのに白髪のある人は、毛母細胞のメラノサイトの働きが悪くなっているために白髪ができ、メラニン色素の生成が十分に行われず、髪が黒くならないので白髪ができます。

メラニン不足になる原因としては、ストレスがあります。
ストレスを受けると活性酸素が発生し、それによって細胞の老化を進めます。
これによってメラニンが十分に作られなくなるのです。
同時に栄養が届きにくくなると、白髪はできやすいです。

また女性は男性に比べても白髪ができやすく、ホルモンバランスの変化でも白髪はできます。
妊娠や出産をすると、大きくホルモンバランスが崩れますので、このような時期にも白髪が多くなる人がいます。
妊娠や出産のみならず、更年期をきっかけにして白髪になる方もいます。

黒髪や茶髪でも、白髪があれば光を受けるとキラキラと反射し、どうしても目立ってしまいます。
白髪は老けた印象を与えますので、若いときから白髪が目立つような人は、早めに対策をすべきです。
ストレスや偏った食事が白髪を作りますので、対処の仕方はあります。

若白髪の対処方法

若白髪を見つけたら、抜くのは良くないです。
毛根を抜いてしまうと、次の髪の毛が生えてこなかったり、綺麗に髪の毛が生えてこないことがあります。
白髪を発見したら、ブラシでブラッシングしたり、ヘアトニックでマッサージしましょう。

マッサージしたりすると改善はされますが、白髪を完全になくすのは難しいです。
一度気になりだすと、終始気になってストレスにもなりかねませんので、どうしても白髪がなくならないなら染めると良いでしょう。

たばこでも若白髪ができやすく、たばこを吸うと白髪になりやすくなります。
たばこを吸うと血行を悪くし、血管を伸縮させて、体温を低くし、新陳代謝が低下します。
この状態は髪の毛を育てるには大変良くなく、毛穴も閉じて栄養も届きにくくなるので、白髪が生えやすくなります。

食生活でも白髪はできるかどうかというと、影響を与えやすいです。
元気な髪の毛を作るためには、タンパク質が必要であり、牛肉や豚肉、鶏肉や魚、大豆製品など、タンパク質が豊富な食品を食べましょう。
特に牛肉がタンパク質を豊富に含んでいて良いです。

そして髪を黒くする上で大切なミネラルの銅も摂取しましょう。
銅はメラニン色素を作るために必要なチロシナーゼの生成に関わっています。
不足すると髪の毛が縮れたり、白髪ができやすくなります。
銅はカカオ豆やごまや大豆などに含まれており、チョコレートやココア、納豆などがおすすめです。