疲れ顔とサヨナラ!目の下のクマの対処方法

疲れ顔とサヨナラ!目の下のクマの対処方法

体調が良くても表情が疲れていると体調が悪く見えたり実年齢よりも老けて見えたりすることがあります。
そのため疲れ顔とさよならするためには、目の下のクマをしっかりと予防することが大切。
万が一クマができてしまった時にはどのように対処すれば良いのか、いくつかの方法をマスターしておきましょう。

やさしくマッサージをしてみる

クマが目立っている時には下まぶたの血行不良が考えられます。
眼精疲労などによって血行不良が続くとどうしてもクマが出てきてしまいますので、優しくマッサージをしてみましょう。
目尻から目頭にかけてマッサージクリームなどを使って優しく指を滑らせます。

また、上瞼に関しても反対に、目頭から目尻に向かってやさしく指を滑らせることで目の周りの血行が促進されるため、クマの症状が緩和されることがあります。
決して力を入れないように優しく行うことが鉄則ですからここに意識を向けましょう。
10回程度行うと効果があるようです。

ホットタオルを使ってみる

電子レンジなどでホットタオルを作り、このタオルを目の上に当てて5分から十分程度放置するのも血行促進につながります。
このようなホットタオルと上記したマッサージを組み合わせると更に効果もアップしてくれるでしょう。

ただしホットタオルの温度が暑すぎてしまうと、まぶたがやけどをするので必ず温度をしっかりと確かめた上で使用してください。
入浴のタイミングに行うことも良いと言われており、目の周りの筋肉の緊張をほぐすことができます。

巷で噂される、ある程度効果的な方法

実質的にどのような働きがあるのかについてはしっかりと解明されていませんが、巷で噂されていて、尚且つクマの症状に効果があったという方法があります。
まず一つ目になりますが、ワセリンなどをたっぷりと塗り、その上からラップをして皮膚の保湿をするという方法になります。

目の周りの皮膚はとても薄く、入念なケアをしているつもりでも乾燥してしまうことがあるため、乾燥が血行不良を招きクマができると考えられているためです。
しっかりと保湿を行うことでまぶたの皮膚を柔らかくして、古い角質を取り除き新人代謝を活発にしてくまお改善するといった方法になります。

そしてもう一つの方法は日頃から使用する一般的なスプーンを30分から1時間程度冷蔵庫で冷やし、これをまぶたにあてるという方法になります。
こちらに関しても医学的科学的な解明は行われていませんが、急に冷たいスプーンを当てることによってお肌がびっくりし一気に血行を促すため、クマが改善されるといわれています。

上記の方法まずは上から一つずつ試してみると良いでしょう。
クマができていると疲れ顔に見えるのは間違いありません。
目元専用のアイクリームなどもありますので、こういったものを使いながら長い目でクマの改善に取り組みましょう。

突発的にできてしまった寝不足によるクマなどはマッサージやホットタオルで簡単に改善することができます。
あとは色素沈着が残らないようにメイクをしっかり落とすことを心がけましょう。
(ライター:noa)